コラム/トピック

Zoomプランどれをえらべばいい?比較一覧表

Zoomそろそろ有料プランに変えたい。他のWebミーティングツール使ってたけどZoomに乗り換えを検討してみようかな。Zoomどのプランにしたらいいの?

そんな方々のためにコロナ前からZoomの導入実績が豊富なCTCエスピーがZoomプランを比較します!

Zoomプラン比較してみた!

いまやオンライン会議(Webミーティング)のデファクトスタンダードである「Zoom」。誰もが一度は耳にしたり使ったりしたことがあるのではないでしょうか?

無償版から有償版に変えようかと検討してみたはいいものの、プランが多くてどれがいいかわからない。最近プラン名が変わってどれが当てはまるのかわからなくなった。

有償版使っているけれど、翻訳機能やウェビナー機能ってどのプランにもついてるものなの?

そんな疑問にお応えすべく、Zoomプランをまるっと比較してみました。

ECサイトからZoomの請求書払いやクレジット払いができる!

Zoom One Basic(無償版)

そもそもZoomプランの無償版はどこまでできるのか一覧表から見てみましょう。

ミーティング主催者が無償ライセンスの場合、40分までの利用となり、同時参加者100名まで、ウェビナーの開催は不可、クラウドストレージが使えないためミーティングの録画と保存ができません。

またSSO(シングルサインオン)や管理機能がなく、企業ユーザに必要な機能が含まれていません。

zoomonebasic.png

Zoom One Pro(有償プラン)

一番安価なZoomOneProプランでは開催時間が無制限となり(最長連続30時間)、同時参加者は100名までですがオプションによって拡張が可能となり、ウェビナー開催と録画保存機能が追加されます。翻訳字幕はユーザ毎に追加オプションを付けることができます。

zoomonepro.png

※CTCエスピーでのZoom One Proの契約数は5ライセンスから9ライセンスとなっています。

ECサイトからZoomの請求書払いやクレジット払いができる!

Zoom One Business(有償プラン)

10ライセンス以上の利用は、Zoom One Businessプランです。

同時参加者人数が300人に増え、さらにホワイトボード機能やSSO(シングルサインオン機能)と管理機能が使えるようになります。参加者の増設はオプションにて拡張可能です。ウェビナー開催はオプションに追加により利用が可能となり、500人/1000人/3000人/5000人/10000人と選択ができます。翻訳字幕はユーザ毎に追加オプションを付けることができます。

zoomonebusiness.png

Zoom Meeting Enterprise(有償プラン)

50ライセンス以上となるとZoom Meetin Enterpriseです。

同時参加者人数が500人に増え、Webinar開催(500人)が付帯しています。Zoom One Business同様にホワイトボード機能やSSO(シングルサインオン機能)と管理機能が利用でき、参加者の増設はオプションにて拡張可能です。翻訳字幕はユーザ毎に追加オプションを付けることができます。

zoommeetingenterprise.png

ZoomPhone付きプラン(有償プラン)

赤枠のZoom One Business Plus、Zoom One Enterprise、Zoom One Enterprise PlusはZoom Phone Proプランが付帯します。

zoomphoneplus.png

ZoomPhoneとはZoomの音声圧縮技術を用いた、クラウド型ビジネスフォン・サービスです。

企業の固定電話や個人の電話機をZoomに統合にすることでよりスムーズで生産性の高いコミュニケーションプラットフォームを構築することが可能になります。既存の固定電話の置き換えや電話回線の新設など幅広く対応可能です。

zoomphone.png

どのプランがいいか迷ったらぜひCTCエスピーにご相談ください。様々な端末や場所から簡単に参加できるミーティングをはじめ、場所を問わない発着信ができる電話最大50,000人まで参加可能なウェビナー開催まで、企業のコミュニケーションをオールインワンでサポートします。

Zoom導入ならCTCエスピーお任せください

ページトップへ