データドリブン経営とは

データに基づいて意思決定を行うアプローチを、経営戦略の策定や経営意思決定に活用することです。
これによって根拠に基づいた意思決定が可能となり、顧客ニーズの変化やビジネススピードの向上に取り組むことができます。
しかしながらデータドリブン経営を実現するには、組織内の各所に散在するデータを集めて分析・可視化する必要があります。

財務会計システム 販売管理システム 生産管理システム 人事給与システム 顧客管理システム Webマーケティング

ほか

01

データの収集・管理

データの収集・管理
02

分析

分析
03

可視化

可視化
04

意思決定

意思決定

組織内外に散在するデータ源泉をいかに統合するか

データドリブン経営を実現するにあたって、大きな課題となるのが「データの源泉」です。
意思決定に活用されるビジネスデータは、さまざまな業務システムのデータベースに分散しており、
さらに近年では、クラウドサービスの利用も進み、オンプレミス外にもデータが散在するようになっています。
そこでこれらのデータを効率よく集約し、部門を横断して活用できる仕組みが必要です。
しかもクラウドサービスはビジネスの状況によって乗り換えが容易にできるため、
その変化に柔軟に対応しながらデータの集約を行わなければなりません。

組織内外に散在するデータ源泉をいかに統合するか

データ源泉の統合を可能にするiPaaS

データ源泉の散在を理想的に解決する手段として、iPaaS(Integration Platform as a Service)があります。
異なるクラウドサービスや企業内アプリケーションのデータをクラウドベースで統合するプラットフォームで、
システム間のデータ共有やプロセス自動化を容易にし、アプリケーションやデータソースの効率的な統合を支援します。

データ源泉の統合を可能にするiPaaS

iPaaSの導入メリット

大幅な時間節約で
業務効率化

リアルタイムに
データの移動が可能

コンプライアンスを
維持できる

人為的ミスを
低減できる

システム投資費用を
抑えられる

iPaaSにはたくさんの導入メリットがある一方で、
専門知識が必要で利用者がIT部門に限られるというデメリットがありました。

日本発のクラウド型データ連携プラットフォーム

HULFT Square ハフルト スクエア

HULFT Squareはノーコード・ローコードなので専門知識がなくても使いやすく、
オンプレミス・クラウド・SaaSなどの環境に分散して管理しているさまざまなデータを、
業務システム、業種、国・地域をまたいで連携できます。

HULFT Square の6つの特長

HULFT Square の6つの特長

スモールスタート

無駄のない投資でデータ活用の手応えを早期に把握でき、SaaS間の連携から基盤まで段階的に広げていくことが可能です。
スモールスタート

ITフレンドリー

セルフマネジメントにより迅速な対応が可能であり、野良システムの発生を防ぐことができます。
ITフレンドリー

グローバルで利用可能

グローバルで統一されたシステムを提供するため、国や地域をまたいでスムーズにデータ連携できます。
グローバルで利用可能

ユニバーサルリンク

異なる環境やシステムからのデータ収集・整理が可能であり、HULFTとの連携も行っています。
ユニバーサルリンク

ユーザーフレンドリー

ノーコード・ローコードで使いやすい画面イメージを提供し、IT人材の裾野拡大に貢献します。
ユーザーフレンドリー

安全安心なサポート体制

HULFT、DataSpiderなどのプロダクト提供で培ったサポートサービスにより、システムの安定稼働を支援しています。
安全安心なサポート体制

データドリブンプラットフォームやiPaaSについて
詳しい資料をご用意しております

ホワイトペーパー

データドリブン経営への道
―課題の整理と基盤整備のポイントを解説―

お客様の業務にフィットしたデータドリブン経営の基盤をご提案します

データドリブンプラットフォームやiPaaSに関する
お問い合わせ・ご相談はお気軽に!

フォームはこちら