CTCエスピー株式会社

IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

Flex Work Place Passage

端末にデータを残さないデータレスPC™

logo

ユーザーが使うPCに専用アプリケーションを導入するだけで、ローカルHDDを不可視化・書き込み禁止にし、ファイルサーバー上のファイルを自分のデスクトップ上にあるものと同様に使うことができます。

概要

Windows OS 搭載PCの読み書きを、すべてネットワークドライブ(ファイルサーバー)へリダイレクトし、PCには一切のユーザーデータを保存しないため、セキュリティーレベルを強化したデータレスPC™を実現します。

万一、パソコンが紛失・故障しても、管理者がアカウントを停止するだけで、情報漏えいやデータ消失を防止できます。
ファイルサーバー上にデータがあるため、バックアップが容易になり、ランサムウエアによる被害を防ぎます。

Flex Work Place Passage 概要図

オフラインではまったく作業ができないVDI(仮想デスクトップ)やDaaS (Desktop as a Service)と異なり、PCのRAMディスク(メモリ)を利用し、利便性も確保。RAMディスクは、ログオフ時や電源OFF時に消去されるため安全です。
利用者は、データの保存場所を意識することなく、シーンに合わせて最適な端末を利用することができ、生産性や満足度を向上。Windows 10 へのリプレースに発生するデータ移行作業も不要となり、管理者の負担軽減とコスト削減に貢献します。

VDIとの比較

データレスPC™ VDI 備考
データ漏洩防止
端末紛失・盗難時のデータ漏洩を防ぐ。
VDIと同等。
データ消失防止
端末紛失・盗難・故障時のデータ消失を防ぐ。
VDIと同等。
オフライン利用
ネットワーク接続がない状況での利用。
× VDIではオフラインでの利用は原則できない。
安定性
安定した動作速度、操作感。
VDIはハードウェアを共有するため、安定性に難あり。またサイジングが難しい。
導入の容易さ
導入に必要な管理者の工数、スキル習得の容易さ
VDIはサーバー仮想化やVDI特有の技術の習得が必要になるうえ、ハードウェアが高価なため、導入コストが高い。
導入コスト
導入に必要なハードウェアやソフトウェアのコスト(購入費)
×

【凡例】 強い  弱い  × ない(悪い)

特長

データレスPC™「Flex Work Place Passage」が
もたらすメリット

  • セキュリティ
    • 端末の紛失・盗難時の情報漏えい防止
  • 運用工数削減
    • リプレース時のデータ移行、修理交換時のデータ復旧が不要
  • 生産性維持、向上
    • PCバックアップの代替
    • 複数人によるPC共有

端末にデータを残さない
新しいクライアント環境
(データレスPC™)

  • VDIと比べて数分の1の導入コスト
  • VDIと同様の価値を提供
    • 情報漏洩リスクの極小化
      (端末のHDD上にユーザデータなし)
    • マルチデバイスに共通デスクトップ環境を提供
端末にデータを残さない新しいクライアント環境(データレスPC™)

セキュリティ

  • 大事なデータはファイルサーバーに作成した個人フォルダに格納
  • OSとアプリケーションは従来通りローカルに搭載
  • Cドライブは書き込み不可
セキュリティ

運用工数削減

故障や盗難はもちろんですが、PCの入れ替え時にもデータが無いため移行作業が不要となります。データ移行時間×台数の分だけ生産性向上にもつながります。

運用工数削減

生産性維持・向上

  • 通常の Windowsログオン、ユーザーインターフェースも変わらない。
    オフライン時の“PassagePlate”の操作方法を習得するだけで利用可能。
  • Passage インストール後、すぐに業務利用が可能。
生産性維持・向上

<オンライン>
ファイルサーバーに接続可能(LAN)であれば自動でリダイレクト開始

<オフライン>
ファイルサーバーに接続不可(社外)であればオフラインモードになる

利用ユーザーの負担を最小限に留めることで導入後の対応工数を削減します。

Passage Plate(RAMディスク)

Passage Plate(RAMディスク)

~セキュリティの高いサーバーからデータを出さない~

セキュリティの高いサーバーからデータを出さない

構成

構成

動作イメージ

動作イメージ

ラインアップ

One Driveを有効活用したいお客さまにはPassage Drive

PCのデータをOneDriveへ格納することで、マルチデバイスでデータへのアクセスが可能になります。

PCのデータをOneDriveへ格納することで、マルチデバイスでデータへのアクセスが可能になります。

*1 セキュリティーポリシーの必要に応じて、適切なセキュリティー製品を組み合わせる必要があります。

データがクラウドにあれば、

データがクラウドにあれば、いつでも、どこでも、データにアクセス可能に。いつでも、どこでも、誰とでもデータをリモートで共同作業が可能。
  • 「データレスPC™」は横河レンタ・リース株式会社の商標です。
  • 「Flex Work Place」は横河レンタ・リース株式会社の製品です。
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ