CTCCTCエスピー株式会社

Miro ビジュアル コラボレーション プラットフォーム

Miroはアイデア・デザインなどを素早く視覚化し、オンラインでのディスカッションの効率化を支援する、ビジュアルコラボレーションプラットフォームです。

Miro ビジュアル コラボレーション プラットフォーム 製品に関するお問い合わせはこちら

製品情報

サービス・サポート情報

概要

MiroはWebミーティングでのディスカッション、ブレーンストーミングを効率化するビジュアル コラボレーション プラットフォームです。利用者はクラウド上にボードと呼ばれるキャンパスに参加し、予め用意されたテンプレートにコメント、アイデアを記載いたします。いままで片方向が中心となっていたWebミーティングに双方向性をもたらし、効率的なオンラインコミュニケーションをもたらします。

miro_01.png

Miro ビジュアル コラボレーション プラットフォーム

miro_02.png

特長

全員で同時双方向に書込み 目的別に八百種類以上のテンプレート
miro_03.png miro_04.png
200ユーザまでが同時にボードを操作
ディスカッションやブレーンストーミングを効率化
ディスカッションに応じたテンプレートを準備
そのまま会議で利用することができます
ドキュメントやイメージなどをそのまま貼付け タスクの割当てやコメントを挿入
miro_05.png miro_06.png
ボード上にファイルを展開した状態で貼付け
視覚的にわかりやすく情報資産を活用できます
ディスカッション後のアクションプランとして
タスク作成やコメントを挿入します
80種類以上のSaaSとの連携 全世界で10万社への導入実績
miro_07.png miro_08.png
MS TeamsやSlack、Google、Box、
タスク管理のJira、Asanaなど
効率的な連携が可能です
2011年に創業し全世界で10万社への有償契約実績
各業種のリーディングカンパニーでも採用

利用シーン

①プロダクト開発
戦略、プランニングや製品化を支援、ビジネスを迅速化
miro_09.png
②UXデザイン
デザインや開発におけるアイデアをリアルタイム交換
miro_10.png
③リーン開発、アジャイル開発
チームのパフォーマンスを最大化
miro_11.png
④研修・ワークショップ
オンラインでのグループワークの効率化を支援
miro_12.png

Miroによるビジュアル コラボレーション プラットフォームの業務適用範囲

Miroを使ったコラボレーションによる効果が期待できる業務のイメージです。

Miro_usecase.jpg

他サービスとの連携

連携と適用範囲

他アプリケーションとどのように連携できるのか?ご活用イメージです。

Miro Function.png

Teamsとの連携

TeamsにMiroを組み込むことでチームメンバーとシームレスに共有が可能

miro_13.png

Asanaとの連携

Asanaで作成したタスクをボード上に反映

miro_14.png

Zoomとの連携

miro_15.png

Boxとの連携

miro_16.png

導入支援サービス

当社がご提供するサービス

CTCSP Miro Service.png

お見積りや評価版に関しては下記よりお問合せ下さい

お問い合わせはこちら

製品の詳細に関しては下記よりお問合せ下さい

CTCSP Miroサポートセンター

サポートサービスについて

Miroサポートセンターについて

弊社では下記サイトでMiroサービスに関する情報のご提供や、ご契約のお客様からのお問合せを受け付けを実施させて頂いております。

https://miro-support.ctcsp.co.jp

miro-support.png

サービスプランと機能

弊社からご提供させていただくMiroのサービスプランはBusinessとEnterpriseです。
Miro社から提供されるFree版も含め、サービス毎の機能は下記の通りとなります。(弊社ではTeam、Consultantプランはご提供しておりません)

主要機能 Free Business Enterprise 備考
最小契約数 - 10 30
契約期間 - 1年間 1年間
編集可能なボードの数 3 無制限 無制限
テンプレートの利用
カスタムテンプレートの利用 -
ボードのエクスポート(画像)

〇制限あり

ボードのエクスポート -

ファイルでバックアップデータを作成

SaaSの連携 Core

Freeに加えJiraとConfluence

Businessに加えCA Rally

投票 -
タイマー -
プロジェクトの作成 -
ビジターの招待 -
ゲストの招待 - 〇FLP加入時のみ
Flexible License Program(FLP)の適用 - -

※Free版で作成できるボードの数には制限はありませんが、編集できるボードの数は最新3つまでとなります。それ以外はRead-Onlyとなります。

※Coreにて連携可能なSaaS:Slack, Trello, Gmail, Google Drive, Microsoft OneDrive, Dropbox, Box, Adobe Creative Cloud, Sketch, Unsplash, MS Teams.

※Flexible License ProgramについてはCTCSP MiroサポートセンターのコンテンツFlexible License Programについてをご覧ください。

※SaaS連携設定について、JiraはJiraとの連携、ZoomAppsについてはZoomAppsとの連携をご覧ください。

※外部との共有のためビジターとゲストという機能が準備されております。ビジターとゲストについては外部ユーザとのボードの共有について(ゲストとビジター)をご覧ください。

管理機能 Free Business Enterprise 備考
ボード操作履歴の取得 - - 保存期間は30日間
Teamの作成可能数(※) 1 1 無制限
利用状況確認(Insights) - -
SCIMプロビジョニング(※) - -
連携アプリケーション管理 - -

※Teamとは、契約下に部署や目的毎に作成するフォルダです。

※管理者側でボードの共有ポリシーを一括設定する機能です。

※SCIMプロビジョニングについては、AzureADによる自動プロビジョニングをご覧ください。

セキュリティ機能 Free Business Enterprise 備考
Google,O365,Slackアカウントでのログイン - - 保存期間は30日間
シングルサインオン(SAML)(※) -
ボード共有ポリシーの設定(※) - -
ドメイン許可リストの管理(※) - -
監査ログの取得 - -
セッションタイムアウトの設定 - -

※シングルサインオンについては、AzureADの設定についてをご覧ください。

※管理者側でボードの共有ポリシーを一括設定する機能です。

※ボードの共有設定についてはユーザ構成とボード共有範囲について、共有範囲の設定についてはボードの作成・公開・共有をご覧ください。

※MemberやVisitor、Guestを招待するユーザのドメインを制限する機能です。

Flexible License Program(FLP)について

Flexible License Program

Flexible License Programは、利用の拡大に合わせ(ご発注無しに)お客様が任意に有償アカウントを増やしていただけるプログラムです。
ユーザ追加に関わる発注業務の簡素化と、急なライセンスニーズへの対応費用の削減や適正化に貢献いたします。

FLP.png

・本オプションはEnterpriseライセンスをご契約頂いているお客様のオプション契約です。
・Miroサービスの契約日を開始日として、それぞれの四半期で期間(True-Up Period)を設定いたします。
・それぞれの期間内で、契約ライセンス数を超える有償ライセンスをご利用された場合でも費用は発生いたしません。
・次の期間の初日を起算日として、前四半期に契約いただいている有償ライセンス数を超えた場合、超過分の料金を日割りでご請求いたします。
・Miroサービスにお申込頂く際、弊社所定のサービスお申込書にて「FLPオプションを有効にする」旨、ご指定頂く必要があります。
・本サービスは「CTCSP_Miro FLPオプションに関する付帯規約」に基づきご提供いたします。

ご導入企業一覧

ご採用いただいたお客様の一部をご紹介いたします。

コーポレートロゴ小.jpg

お問い合わせはこちら