CTCCTCエスピー株式会社

Elemental Live

コンテンツの作成と配信機能を提供し、スマートフォンやデジタルテレビ、PCなどのマルチスクリーンに対して、ライブストリーミングに変換して高品質な映像や音声を運ぶライブエンコーダです。

Elemental Live 製品に関するお問い合わせはこちら

製品情報

サービス・サポート情報

概要

マルチデバイス向けライブエンコーダ

AWS Elemental Liveは、複数のビデオ出力の同時処理を実行し、どのデバイスでもライブビデオのフォーマットに必要な高品質で高効率のパフォーマンスを実現します。
AWS Elemental Liveは、エンドツーエンドのリアルタイムビデオ配信ワークフローに完全に統合されるように設計されており、テクノロジの要求に応じて進化し、収益機会を最大化します。

高効率

img_elememental_live_01.png

Apple HLS、Adobe Primetime(HDS/RTMP)、Microsoft Smooth Streaming、MPEG-DASHまたはIPトランスポートストリームでコンテンツ配信を行います。後から個々にパッケージング/ラッピングできるよう中間ファイルを生成することで、ネットワーク帯域利用を低減します。1台のアプライアンスでは最上位モデルで最大23本の1080pストリーム、または1本の4KUHD/HEVCストリームをリアルタイムで生成することが可能です。

簡単な操作

img_elememental_live_02.png

直感的なWebベースの操作インタフェースにより、洗練されたユーザエクスペリエンスとシンプルなワークフローを提供いたします。またREST/XMLのAPIやLinuxベースのOSで、手早く簡単に、既存のワークフローと統合させることが可能です。

収益への早期貢献

img_elememental_live_03.png

短期間であるホットコンテンツの収益性の維持・確保、運用するための少ないコスト、そしてHTML5などに向けた新たな技術への適用。Elemental Liveは、視聴者が待ち望む、高品位なストリーミングを、コンテンツプロバイダーが簡単に、少ない費用でCDNサービスに繋ぐことを支援いたします。

ワークフロー

主な機能

主な機能

ハイパフォーマンス出力

高速な並列処理のアーキテクチャにより、高いパフォーマンスでエンコーディング機能を提供いたします。

Adaptive Bit Rateのサポート

シグナル分岐用のスプリッタや複数エンコーダの利用無しに、Adobe, Apple, Microsoftが提供するストリーミングサービスのAdaptive Bit Rateをサポート。コストを削減し運用の複雑さから開放いたします。

ハイパフォーマンスプロセッシング

アンチエイリアス処理やMPEG-2のデブロック処理、デインターレース機能を含む先進的な画像処理機能により、出力品質の向上やパフォーマンスの改善を実現しております。

リアルタイムコントロール

アーカイブストリーミングのスタートとストップのコントロールにより、手早く高品位なVoDファイルを作ります。コンテンツデリバリのコストを最小化することが可能です。また、リアルタイムコントロールは最高品位の出力に貢献いたします。手動もしくは自動で細かくロードバランスが可能で、システムパフォーマンスにも影響を及ぼしません。

シンプルな配信システムとの接続

主要なCDNサービスへはワンクリックで接続が可能です。同時に複数の公開ポイントを指定し冗長化させることも可能です。また、REST APIを用いて既存のワークフローへ簡単に統合させます。

簡単なオペレーション

複数のストリームをリアルタイムに管理し、予期されるアクションに対して、イベントを事前に設定することが可能です。イベントが動作して高速にコンテンツの処理を行ないながら、ユーザインタフェースからそれぞれのストリーミングに対して、スタートやポーズ、ストップなどの操作設定を行なえます。
複数の配信フォーマットと同時イベントアーカイブをサポートし、HDやSDが混じったストリーミングの生成も同時に実現いたします。

ラインアップ

Elemental Live

ラインアップ1
*L013AE…入力インターフェースが3G-SDI×1のミニモデルです。
**L025AE…入力インターフェースがHD-SDI×1/HDMIのミニモデルです。(同時使用はできません)
ラインアップ2

映像・コンテンツソリューション

CTCSPの映像・コンテンツソリューション

お問い合わせはこちら