CTCCTCエスピー株式会社

FinalCode

社外に提供した重要ファイルを暗号化して、開封状況などの利用状況を追跡し、リモートで消去することもできるファイル暗号化・追跡ソリューションです。

FinalCode 製品に関するお問い合わせはこちら

製品情報

サービス・サポート情報

概要

FinalCodeは、お客様の利用ニーズに合わせて、SaaS(クラウド版)とVA(Virtual Appliance オンプレミス版)を選択いただけ、クラウド版をご利用の際は、「FinalCode Client(ファイル暗号化ソフト)」をインストールするだけで環境が構築できます。さらに、暗号化したままファイルを社外の取引先に渡すことができ、渡す相手の取引先に費用は掛からずに情報漏洩対策を実現できます。

img_finalcode_01.png

主な機能

FinalCodeは、閲覧者の指定だけでなく、複数の権限オプションによってファイルの操作権限を設定することができます。例えば、プロジェクト終了後に自動削除される「時限付きファイル」を作成したり、印刷が必要な機密ファイルに印刷時の強制透かしを設定し、情報漏洩対策を図ることができます。共有フォルダー自動暗号化機能では、手間をかけず、社員が意識することなく、ファイルを守ることができます。

  • ファイル暗号化機能
  • ファイル検索・ログ追跡機能
  • 管理機能

ファイル暗号化機能

機能 機能説明
暗号化・復号 メールアドレスを指定して、パスワードレスで暗号化できます。また、暗号化されたファイルをパスワードレスで復号することができます。
Active Directoryからメールアドレスを検索・設定することができます。
暗号化テンプレート 頻繁に利用する相手と閲覧権限の組み合わせを登録することで、楽に暗号化できます(FinalCode VA(Virtual Appliance オンプレミス版)なら、テンプレートをAD(LDAP)や、メーリングリストのグループ指定で定義できます)。
閲覧制限 何回閲覧できるのか・何日の何時何分まで閲覧できるのか、何日間閲覧できるのかを自由に設定できます。
リモート削除 指定された権限を越えるアクセス時に相手のパソコンから暗号化ファイルを削除することができます。暗号化ファイル配布後も、遠隔操作で削除することができます。
元ファイルの
取り出し
暗号化ファイルを元ファイルに変換することができます。
上書き保存 暗号化ファイルを編集・再暗号化することができます。
コピー・ペースト/
キャプチャ
暗号化ファイルのコピー・ペースト、スクリーンキャプチャの制御をすることができます。
印刷 暗号化ファイルの印刷を制御することができます。
印刷透かし追加 暗号化ファイルを印刷した場合に、強制的に透かし文字を入れることができます。
所有権限譲渡 暗号化ファイルを、任意のセキュリティ設定で暗号化しなおすことができます。
複数権限設定 1ファイルにつき複数パターンの権限を設定して暗号化することができます。
共有フォルダー
自動暗号化
フォルダーに暗号化したいファイルを保存するだけで、プリセットで設定されたアクセス制限で自動で暗号化することができます。自動暗号化フォルダーごとにファイル所有者を設定することができますので、フォルダー単位でのセキュリティポリシーの運用が可能になります。
  • ファイルサーバにモジュールをインストールする必要があります。
  • 自動暗号化設定ができるフォルダー数に制限はありません。
ローカルフォルダー
自動暗号化機能
フォルダーに暗号化したいファイルを保存するだけで、プリセットで設定されたアクセス制限で自動で暗号化することができます。
  • 個人PC上のフォルダーを自動暗号化フォルダーとして指定します。ネットワークドライブの割り当てを行うことで、ネットワーク上のフォルダーを自動暗号化設定することも可能です。
  • 自動暗号化設定ができるフォルダーは1ユーザ、1デバイスあたり5個までとなります。
CADファイルの
暗号化・復号

CADソフトウェアのファイルを暗号化します。ご利用には有償オプションのご購入が必要となります。

動作検証済みソフトウェアはこちらをご確認ください。
オフライン環境での
復号
オフライン環境でも暗号化ファイルの閲覧・編集が可能です。ご利用には有償オプションのご購入が必要となります。
APIによる
システム連携
文書管理システム(ECM:Enterprise Contents Management)などの外部システムと連携するためのAPIをご提供しております。

ファイル検索・ログ追跡機能

機能 機能説明
ファイル検索 作成した暗号化ファイルをあらゆる検索方法で検索することができます。
アクセスログ追跡 誰が・いつ・アクセスしたかを追跡することができます。
ファイル権限の
変更ログ追跡
誰が・いつ・ファイルの権限を変更したのかを閲覧することができ、他のユーザの操作を監視できます。
暗号化ファイル
配布後の
アクセスコントロール
暗号化ファイル配布後、閲覧者や閲覧権限を変更することができます。
アクセスログの
CSV出力
すべてのアクセスログはCSV形式でダウンロードできます。

管理機能

機能 機能説明
組織の管理 組織の定義ができます。組織単位でテンプレートやファイル暗号化時のポリシーを設定することが可能になります。また、組織を階層化することもできます。上位階層で設定したテンプレートや暗号化ポリシーなどを下位組織に継承することが可能です。
ユーザ登録・削除 新たなユーザの登録・削除、または利用停止など他のユーザの「FinalCode」の利用を一元管理できます。
ユーザタイプ管理 ユーザ毎に操作の制限を設定できます。ユーザの誤操作や不正を事前に抑止することができます。
他のユーザが
作成した
ファイルの管理
他のユーザが作成した暗号化ファイルのアクセス制限をしたり、作成者・閲覧者を変更したりすることができます。
テンプレートの管理 グループで利用する権限設定や制限を登録することができます。登録したテンプレートはユーザ毎に割り当てることができます。
透かしパターンの
管理
グループで利用する透かしパターンを登録することができます。登録した透かしパターンはユーザ毎に割り当てることができます。
プリンター制御 主管理者が印刷を許可するプリンターを設定できます。PDF作成用の仮想プリンターの使用を禁止する等の管理ができます。
デバイス制御 「FinalCode Client/Reader」を利用できるデバイスを、そのデバイスのOSの種別およびMACアドレスから指定することができます。
IPアドレス制御 暗号化ファイルを閲覧できるデバイスのIPアドレスを制限することができます。
メールテンプレート 「FinalCode」から送信される様々なメール通知文をカスタマイズ可能です(通知文は、「ワンタイムパスワード発行」、「招待メール」、「ステータス通知」、「閲覧申請」で英語・日本語に対応)。
リモートデスクトップ環境での
ファイル閲覧
許可設定
リモートデスクトップ環境や仮想環境でFinalCode化されたファイルの閲覧を許可するか設定することができます。
アップデート管理 ユーザが利用するクライアントのバージョンを管理することができます。
リモートインストール
(一括インストール)
MSI形式でのインストールが可能なため、Active Directoryを利用して、ユーザがログインした際に自動でインストールすることができます(インストーラーの初期値パラメーターもお客様で変更可能)。
Common Event Formatのログ設定 Common Event Format(CEF)形式のログを出力することができます。
  • CEFとは、標準化されたログフォーマットの一つであり、システムのログをCEFで出力することで様々なログ解析ソフトウェアとの連携を行うことができます。

構成

img_finalcode_02.png

※FinalCodeによる暗号化やファイル展開はインターネットに接続可能な環境が必要です。

※利用に際し、FinalCode Clientのインストールとユーザ登録が必要です。

ラインアップ

FinalCodeは、お客様のご利用ニーズに合わせて、2つのEditionからご選択いただけます。また、導入形態は「SaaS(クラウド版)」と「VA(Virtual Appliance オンプレミス版)」をご用意しており、「SaaS(クラウド版)」でスモールスタートし、運用状況を評価した後で、「VA(Virtual Appliance オンプレミス版)」で全社展開という導入シナリオを組むこともできます。

取引先や委託先など、企業・団体外のユーザは無償

FinalCodeを使用する「企業・団体内ユーザ」数分のライセンスをご購入ください。社外の取引先に渡すときも、取引先ユーザを閲覧者に追加することで、FinalCodeファイルのまま渡すことができます。社外の取引先などの「企業・団体外ユーザ」に費用はかかりません。

製品エディション

FinalCode@Cloud(クラウド版)/
FinalCode Ver.6 VA(オンプレミス版)
最低購入ライセンス 10ライセンス
購入ライセンス単位 1ライセンス
必要ライセンス数 「FinalCode」で暗号化・編集する「企業・団体内ユーザー」数分
1ファイルに設定可能な権限セット数 5権限セット/ファイル
1ファイルに設定可能な閲覧者数上限値※1 100メールアドレス/権限セット
組織階層数の上限値 10階層
利用できるユーザータイプ 7種類の基本ユーザータイプから選択
(自由にカスタマイズが可能)
ローカルフォルダー自動暗号化機能 ○(最大5フォルダー)
AD連携
IP制限設定※2
デバイス制限設定※3
システムログ出力※4
Box連携機能 オプション
(FinalCode@Cloud:クラウド版のみの提供)
CADファイル暗号化機能 オプション
オフライン閲覧機能 オプション
FinalCode API オプション
  1. ドメインやメーリングリスト等で閲覧者を指定した場合は、当該ドメイン、メールリングリストを1とカウントします。
  2. 暗号化ファイルを閲覧できるデバイスのIPアドレスを制限することができる機能です。
  3. 「FinalCode Client/Reader」を利用できるデバイスを、そのデバイスのOSの種別およびMACアドレスから指定できる機能です。
  4. Common Event Format(CEF)形式、Log Event Extended Format (LEEF)形式のログを出力できる機能です。