CTCエスピー株式会社

IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

Flex Work Place Unifier Cast

Windows10運用ソリューション

logo

Windows10の短期間のアップデートサイクルによる動作検証にかかる負担や大容量のアップデータによるネットワークの負担を解決します。

概要

Windows 10 アップデート運用の負担を「ダッシュボード」と「ネットワーク負荷分散・PC間伝搬機能」で解決します。

Unifier Cast サービス 概要

Unifier Cast サービス 概要図

(*1)FU:Feature Update、QU:Quality Update
本サービスのご利用には、お客さま環境にUnifierマスターサーバーを構築していただく必要があります。
Unifierマスターサーバーの導入および構築作業は別途見積が必要です。

特長

課題①
ネットワーク負荷

課題① ネットワーク負荷
  • ネットワーク帯域の圧迫を軽減
  • ダウンロード時間の制御
  • アップデートの実行コントロール

課題②
アップデート運用負荷

課題② アップデート運用負荷
  • Microsoft推奨アップデート
    運用方法の実現
  • エラー発生時の対応支援

課題③
共存アプリケーション

課題③ 共存アプリケーション
  • 共存アプリケーションの頻繁な更新アップデートへの対応

課題① ネットワーク負荷課題①:ネットワーク負荷

ネットワーク帯域の圧迫を軽減

分散配布
分散配布
RelayAgentとCast配信機能
  • RelayAgentがインストールされたPCは、分散配布パッケージをマスターサーバーへ自動的に受け取りにいきます。
  • RelayAgentと同一セグメントのPCは、拠点 LAN 内で分散配布が行われるためWAN の負荷が大幅に軽減されます。
RelayAgentとCast配信機能
〔参考〕WSUS運用でのネットワーク帯域の問題
〔参考〕WSUS運用でのネットワーク帯域の問題

ダウンロード時間の制御

Windows 10 機能更新プログラム(FU)のダウンロードには30分~60分の時間が必要です。Unifier Castの分割配信機能は、途中でダウンロードを止めることも可能です。

(下図の「一時停止」「途中から再開」は利用イメージを表現したものです。実際はこれらボタンの操作は必要ありません。)

ダウンロード時間の制御

アップデートの実行コントロール

ダウンロードが完了した後、アップデート適用完了には10分~30分の時間を要します。PCに搭載のストレージがSSDではなくHDDの場合は1時間以上を要することもあります。
Unifier Cast Toolkitに含まれるCastLauncher は、配布後のアップデートの適用処理をサポートします。

アップデートの実行コントロール
※アップデート結果がエラーとなった場合
  • Windows 10のFeatureUpdateは、ディスクの空き容量不足やWindows Updateデータベースの破損など、さまざまな原因によってアップデートの結果がエラーとなることがあります。
  • CastLauncherはアップデートの結果がエラーとなった場合、PCユーザーへトラブルシュート画面を提供することでエラー処理を効率よく進めることができるようになります。
アップデート結果がエラーとなった場合

課題② アップデート運用負荷課題②:アップデート運用負荷

Microsoft推奨アップデート運用方法の実現

Windows 10 Proのアップデートサイクル
Windows 10 Proのアップデートサイクル
Microsoft社の推奨
Microsoft社の推奨
  1. Validation Ring(検証)
    検証環境でのアップデート実施
    最低限の動作確認
  2. Pilot Ring(先行)
    本番環境の限定範囲でアップデート実施
    本番環境での問題抽出と、それらへの対応
  3. Broad Ring(本格展開)
    全社へのアップデート実施展開
Unifier Castを利用したアップデート管理方法
Unifier Castを利用したアップデート管理方法
Unifier Castを利用したアップデート適用方法
Unifier Castを利用したアップデート適用方法

エラー発生時の対応支援

Windows 10のFeatureUpdateに失敗する原因で最も多い原因の一つがローカルディスクの空き容量の不足です。

  • 最低でも8~12GB程度は必要になるといわれています。
エラー発生時の対応支援
<アップデートエラーログの確認>

CastConsoleからWindows 10アップデートに失敗した場合のエラーログが検索できます。

  • Unifierがエラーコードを日本語に変換して表示しますので迅速に状況把握が可能
  • エラーコードの説明は、当社のノウハウをお客さまのUnifierマスターサーバーへオンラインでご提供
アップデートエラーログの確認

課題③ 共存アプリケーション課題③:共存アプリケーション

共存アプリケーションの更新対応

  • Windows 10アップデートに合わせた共存アプリケーションの追従アップデート
  • Windowsアップデート後に発生した共存アプリケーションの不具合対応
  • CastMakerで配布パッケージが作成できるソフトウエア

    CastMakerで配布パッケージが作成できるソフトウエア
  • Unifier CastでOffice 365の更新運用を行うメリット

    Unifier CastでOffice 365の更新運用を行うメリット

    (*1):Contents Delivery Network

    (*2):ファイルサーバーやWebサーバーを用意して、企業専用のアップデータのローカルソースにする。
    拠点が分かれている場合は、ファイルサーバーやWebサーバーを複数用意する必要があり、PCの設置拠点の変更対応も必要になる。

  • その他のアプリケーションの配信方法

    その他のアプリケーションも、Simple Package Editorで「配布パッケージ」を作成して分割配布やCast配信が行えます。

    その他のアプリケーションの配信方法

構成

Unifier Cast 導入までの流れ

Unifier Cast 導入までの流れ

システム構成(例)

システム構成(例)

Unifier Cast ご利用イメージ(概略)

Unifier Cast ご利用イメージ(概略)
  1. 当社のサーバー経由でUnifier Cast ToolkitとWindowsアップデータの情報をご提供します。
    お客さま環境に設置されたUnifierマスターサーバーへ、これらをダウンロードします。
  2. CastMakerで配布パッケージを自動生成しUnifierマスターサーバーに登録します。
  3. Unifierマスターサーバーで設定したスケジュールでFU/QUの配信を開始します。
  4. PCユーザーは任意のタイミングでFU/QUの適用を開始することができます。

※「Flex Work Place」は横河レンタ・リース株式会社の製品です。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ