シーティーシー・エスピー株式会社

IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

NetAttest EPS

仮想アプライアンス版

logo

NetAttest EPS 仮想アプライアンス版は従来のNetAttest EPSハードウェアアプライアンスを仮想環境(VMware)で利用可能にした製品です。

概要

仮想アプライアンス版は物理サーバの統合や導入、運用コストの削減など仮想環境のメリットを期待することができ、NetAttest EPSハードウェアアプライアンス版と同等の機能を利用できます。オプションは同様に「機能拡張オプション」、「拡張CAオプション」、「MACアドレス認証拡張オプション」、「OTPオプション」等用意されています。

主な機能

ハードウェアアプライアンス版と同様
様々なRADIUS認証方式に対応

NetAttest EPS 仮想アプライアンス版は、NetAttest EPSハードウェアアプライアンス同様、ID/PASSWORD認証から電子証明書認証まで、様々な認証方式に対応します。
認証(アカウント)情報として内部DB参照のほか、外部DB/外部認証サーバとの連携も可能です。

ハードウェアアプライアンス版と同様様々なRADIUS認証方式に対応

仕様(仮想アプライアンス版)

モデル番号 小規模モデル
EPS-SX15-V
中規模モデル
EPS-ST05-V
大規模モデル
EPS-DX04-V
対応プラットフォーム
対応仮想プラットフォーム VMware ESXi 6.0 / 5.5
VMware
仮想マシンバージョン
8
仮想マシン
イメージファイル
OVA
ハードウェア構成
CPU数 2 4
メモリ容量 2,048MB 8,192MB
ハードディスク1 2GB 5GB 96GB
ネットワークアダプタ数 4
  • 「仮想アプライアンス」と「物理アプライアンス」による二重化もサポートします。
  • 「仮想アプライアンス」と「物理アプライアンス」間でのバックアップ/リストアもサポートします。
  • 「VMotion」や「VMwareFT」など、仮想プラットフォーム機能を利用したハイパーバイザーの移動は動作を保証しません(NetAttest EPS アプライアンスの冗長化機能をご利用ください)。
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ