CTCエスピー株式会社

IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

DataSpider® Servista

データ連携ソフトウェア(EAI)

logo

DataSpider®は企業内外に散在するシステム、データを連携するソフトウェアです。

概要

DataSpider®は、異なるフォーマットのデータが存在する異種混合のシステム環境で、マルチな連携を容易に実現し、データ連携を含むアプリケーションの効率よい開発・運用を目的に開発された統合プラットフォームです。
DataSpider®を導入することで連携プログラムを個別に導入・開発・運用する開発コストを削減し、システム構成の複雑化をふせぎます。

概要図

DataSpider®は、GUIの開発・設定画面(Studio)上でスクリプトと呼ばれる処理フローを作成します。
様々な活用したいデータをアダプタを使ってDataSpider®に取り込みます。取り込まれたデータは共通の操作で、様々なデータに変換・加工(構造変換、フィルタリング、マッピング、統合、計算など)が行われます。最終的に出力したいアダプタを通すことで目的とするデータを取得することが可能です。 このスクリプトがサービスとして登録され、必要とするアプリケーションや処理から実行し、活用することが出来るようになります。

開発・運用コストを大幅に削減!

DataSpider®による開発・運用管理では、専門的な技術知識、複雑なプログラミングなど、開発に伴うスキルや労力は不要です。熟練したプログラマでなくても効率よく開発できるよう、GUIベースでビジュアルに開発できる環境とツールを豊富に備えています。

マルチな連携の組み合わせやデータ加工も自由自在!

各種ファイル形式、データベース、LotusNotes、SAP、Salesforce、BIツール、プロトコルなど、多種多様な接続先に応じたアダプタが提供されています。入出力対象のデータ項目の関連付けや抽出、変換、加工、複数のファイルのマージは、プログラミング言語と同様の機能がGUIツールで提供されていますので効率的に開発することができます。

高いパフォーマンスを実現し、運用管理ツールも充実

一連のデータ連携処理を含むスクリプトは、そのまま実行でき、テストやデバック、モニタといった機能も充実していますのでスムーズな開発と業務展開が可能になります。スクリプトは、DataSpider®によってJavaプログラムに変換されてから実行されます。データの読み込み、変換、ストアの一連の処理を並列実行して効率よく処理することもできます。また、実行ログを管理するなどの運用支援機能も装備されています。

豊富なアダプタ、ロジックアイコンでデータの抽出・変換・加工は自由自在!

異なる形式のシステムやデータの連携を容易に行うための豊富なアダプタによって、連携毎の面倒なコーディングやデータ仕様の解析、詳しい知識は不要です。
データ連携用のアダプタは、データベース、各種ファイル、ERP、グループウェア、人気の高い国産ソフト、Webおよび各種プロトコルに加え、パブリッククラウドとの連携も可能です。

また、ビジュアル化されたロジックアイコンにより、データクレンジングや演算・変換といった面倒な処理もノンコーディング。開発コストや期間の削減とともに保守性も向上させます。

主な機能

豊富なアダプタとロジックアイコン

マルチな連携の組み合わせやデータ加工も自由自在!

DataSpider®の豊富なアダプタとロジックアイコンで、プログラミング言語のコーディングと遜色ないアプリケーションの実装が可能です。

豊富なアダプタ

異なる形式のシステムやデータの連携を容易に行うための豊富なアダプタ、連携毎の面倒なコーディングやデータ仕様の解析、詳しい知識は不要です。
データ連携用のアダプタは、データベース、各種ファイル、ERP、グループウェア、人気の高い国産ソフト、Webおよび各種プロトコルに加え、パブリッククラウドとの連携も可能です。
データの関連づけを行うマッパーは、データクレンジングや演算・変換といった面倒な処理もノンコーディング。
機能充実のロジックアイコンがビジュアルで容易な開発を可能にし、開発コストや期間の削減とともに保守性も向上させます。

関連付けがGUIだけで可能
(マッパー:データ連携と加工)

データの関連付け、データクレンジングもノンコーディング

連携元と連携先のデータ項目の関連付けはマッパーで行います。
対象データの演算・抽出・加工には、約130種の豊富なロジック(関数)アイコンが用意されており、Java開発と同様のプログラミングをGUIだけで可能にします。
また「全角/半角」「和暦/西暦」「数字/漢数字」など、日本特有の便利なアイコンも用意されています。

機能充実のロジックアイコンがビジュアルで容易な開発を可能にし、開発コストや期間の削減とともに保守性も向上させます。

ロジックアイコン データクレンジングもノンコーディング

ログ出力機能

DataSpider®は豊富なログ出力機能が用意されています。
DataSpider®サーバが出力するログには、次のようなものがあり、任意のディレクトリに出力することができます。

  • モジュールやアダプタのロードに関するログ
  • リポジトリDBに関するログ
  • トリガーに関するログ
  • コンポーネントプールに関するログ
  • Webコンテナに関するログ
  • クライアントアクセスに関するログ

高速・高効率

コンパイルして高速実行

コンパイルして高速実行

GUIで設定されたスクリプトは、内部ではJavaプログラムに自動変換後、コンパイルされ実行形式でサービス化されます。Javaプログラムでの実装と同等のパフォーマンスを実現します。そのためサーバでの実行時パフォーマンスが極めてよいのも特長です。

パラレルストリーミング機能

パラレルストリーミング機能

大量のデータを効率よく処理するために、データの抽出、変換、書き込みを分割してそれぞれ実行するパラレルストリーミング方式も採用しています。

フローチャートを描くように開発(デザイナ)

デザイナ

データ連携に必要なスクリプトを作成するモジュールです。
連携対象をウィザードによって設定し、データ連携のフローを効率的に作成します。

デザイナ

デザイナでは、マウスでドラッグ&ドロップすることで、データの処理フローを定義していきます。
データソースからデータの入出力を行うアダプタや変換を行うマッパーの他、条件分岐や繰り返し処理、例外処理などの各種機能アイコンが提供されています。

リアルタイムデバック機能

作成した処理フローをその場で実行し検証できる機能です。
リアルタイムに処理のログを表示するので、データ連携フロー定義を作成しながら、実際にどのようにデータが流れているのかといった確認が行えます。

DataSpider®のスクリプト実行時に、どこアイコンが実行されたかという実行経路に関するメッセージの他、エラー発生時にはエラーメッセージなど、開発時のデバッグに必要な内容が表示されます。実行ログの詳細度によって、5つのログレベルが用意されています。

リアルタイムパフォーマンスビュー

作成した処理フローを実行することで、データ連携処理時間をモニタ出力する機能です。 処理フローのどこがボトルネックとなっているのか、データの接続、データの出力、変換、加工といった個々処理時間やフロー全体の処理時間はどの程度であるのか、を確認することができます。

マイログでは、DataSpider®サーバ上で実行されたログの参照やエラー発生スクリプトの内容を確認することができます。

各種トリガー機能

実行を制御する各種トリガー

DataSpider®で作成したデータ連携スクリプトは、トリガー機能によってさまざまなタイミングで自動起動することができます。

スケジュールトリガー 日・週・月・年・インターバルといった実行スケジュールの指定によってスクリプトを起動できます。カレンダ機能も搭載しているので、営業日や特定の日程に合わせて、実行をスケジュールすることもできます。
ファイルトリガー 監視対象ファイルの新規作成・更新・削除といった各種ファイルイベントにより、スクリプトを起動することができます。このトリガー機能によって、ファイル操作、ファイル転送系アプリケーションとの連携ができます。
HTTPトリガー Webクライアントから、URLを指定するだけで、スクリプトを起動できます。このトリガーを使用すれば、サーブレットやJSPのプログラムは不要です。
Webサービストリガー Webサービスクライアントから指定したメソッドを呼び出すことで、作成したスクリプトを実行させる機能です。
アプリケーション
トリガー
運用ツールなど外部のアプリケーションからバッチ実行でスクリプトを起動させるトリガー機能です。
SAPトリガー SAPシステムのアウトバンド要求により、スクリプトを実行させる機能です。
DBトリガー 監視対象のテーブル内の特定したカラム(ステータスカラム)が変更されたタイミングでスクリプトを実行させるトリガー機能です。
HULFTトリガー DataSpider®とHULFTとの連携を実現するアダプタ「HULFT DataSpider®接続アダプタ」と組み合わせで使用するトリガーです。
HULFTトリガーは、HULFTの集信(ファイル受取)完了をきっかけにスクリプトを実行させる機能です。
  • 「HULFT DataSpider®接続アダプタ」はセゾン情報システムズ社の製品です。
StraForm-Xコネクタ StraForm-Xコネクタは、ウイングアーク株式会社のWebフォーム作成ツール「Straform-X」からDataSpider®へリアルタイムに接続するためのコネクタ機能です。
Webフォームに入力されたデータをきっかけに、スクリプトを実行することができます。
AppFabricトリガー AppFabricトリガーは、「Microsoft Azureアダプタ」製品の一部の機能として構成されています。AppFabricServiceBusを経由してDataSpider®のスクリプトが実行できるトリガー機能です。
  • Microsoft Azureアダプタは、オンプレミスに配置されたDataSpider®からマイクロソフトのMicrosoft Azureクラウド上のデータを読み書きするアダプタです。

コントロールパネルで簡単設定

DataSpider®サーバの設定や実行状況をモニタする機能など、運用管理に必要な機能がコントロールパネル内に用意されています。

DataSpider®ログ設定 DataSpider®サーバ上で処理が実行されると、実行ログが出力されます。DataSpider®ログ設定で、出力されるログの保存期間、圧縮のタイミングなどを設定 することができます。
アプリケーション
ログ出力先設定
ログの出力やログレベルを設定します。ログの書式レイアウトは、パターン文字列を 使って指定することができます。
DataSpider®サーバの
設定
DataSpider®サーバの再起動やシャットダウン、DataSpider®ライセンス情報の参照など、システムの全般の設定や参照を行なうことができます。DataSpider®サーバに格納された開発環境をファイル圧縮し、エクスポート/インポートする機能も実装されています。
タスクマネージャ DataSpider®サーバのシステムリソースの参照や、実行中のタスクのモニタ、タスク の停止などを行なうことができます。
バージョン情報 DataSpider®本体やモジュールのバージョンの参照を行なうことができます。
マウント設定 DataSpider®ファイルシステムとローカルファイルシステムの関連づけの設定を行なうことができます。
環境変数管理 DataSpider®サーバの環境変数の参照や変更を行なうことができます。
ユーザアカウント 複数の開発者が並行して処理を開発する場合に、各ユーザごとのにログリソースへの権限を設定することができます。
休日設定 DataSpider®の処理をDataSpider®のスケジュールトリガーで運用する際に任意の日付 を休日(平日)に設定して利用することができます。
グローバルリソースの
設定
DataSpider®サーバが外部のアプリケーションやデータベースと接続するために必要 な設定を行なうことができます。ここで定義したものは、グローバルリソースとして すべての処理に有効です。
リポジトリDB管理 リポジトリDBの設定を行なうための機能です。リポジトリDBは、ユーザ管理情報 やDataSpider®のメタ情報および連携対象のデータを保持するエリアとして利用します。

豊富なアダプタ

DataSpider® Servistaシリーズは、豊富なアダプタ群を提供しており、データベース、ファイルシステム、アプリケーション、プロトコル、グループウェアなど様々なプラットフォーム、データフォーマットへのアクセスを可能にしています。必要なデータの抽出、データの変換、新システムへの格納といった一連の作業をシームレスに実現します。

詳細はメーカサイトをご確認ください。

クラウド連携

ハイブリッドクラウドを容易に実現する
DataSpider®クラウドビジョン

散在するアプリケーションやデータを自由自在に連携、
プログラムレスの便利なクラウド連携を実現

データ連携同様に、GUIだけで簡単にクラウド連携が可能です。さらに、DataSpider®はAmazon EC2、Microsoft Azure、IIJ GIOなど、多くのクラウド(IaaS)上での動作にも対応、Webブラウザベースで利用できる開発クライアントも提供しています。DataSpider®クラウドビジョンによって、企業のIT基盤の最適化とクラウド活用は、よりアジャイルでフレキシブルに変化します。

DataSpider<sup>®</sup> for Cloud オンプレミスとパブリッククラウドの連携

DataSpider®クラウドビジョンの構造

DataSpider®クラウドビジョンでは、オンプレミス・パブリッククラウド連携用のアダプタ製品群の「DataSpider® for Cloud」と、パブリック/プライベートクラウド上にDataSpider®を配置し、Webブラウザベースの新しい開発用クライアント「DataSpider®Studio for Web」で開発する「DataSpider® on Cloud」の2つの利用形態を提供します。

DataSpider® for Cloud製品 ~クラウドと「つなぐ」~

DataSpider<sup>®</sup> for Cloud

オンプレミスに配置したDataSpider®
パブリッククラウドと連携するアダプタ

代表的な8つのクラウドとの連携を可能にするDataSpider®アダプタを提供

代表的な8つのクラウド(Amazon WebServices, Salesforce.com, Google Apps, Microsoft Azure, kintone, ニフティクラウド, BIGLOBEクラウドホスティング, Cloudn)対応の連携アダプタを提供。

  • Microsoft Azureアダプタ / トリガー
    • Microsoft Azure SQL、Microsoft AzureストレージBLOBとの連携処理を実現
    • Microsoft Azure Service Busからの連携処理を実現するトリガー機能
  • Google Appsアダプタ
    • Googleドキュメント、Gmail、Googleスプレッドシート、GAEデータストア との連携処理を実現
  • Amazon Web Servicesアダプタ
    • Amazon RDS、Amazon S3、Amazon SimpleDBとの連携処理を実現
    • Amazon EC2上の仮想サーバの起動・停止・情報取得
  • Salesforce連携対応
    • Salesforce.com、Force.comとの連携処理を実現
    • Database.com、Chatterへの接続、複数オブジェクトの同時更新、ファイルアップロードなどを行う機能を提供
  • ニフティクラウド連携
    • ニフティクラウド 上の仮想サーバの起動・停止・情報取得
    • ニフティクラウドストレージ との連携処理を実現
  • BIGLOBEクラウドホスティング連携
    • BIGLOBEクラウドホスティング上の仮想サーバの起動・停止・サーバ情報取得
  • Cloudn連携
    • Cloudn上の仮想サーバの起動・停止・情報取得
  • kintone連携
    • kintone上のアプリケーションに対して、レコードの取得・追加・更新・削除などを行う機能を提供

DataSpider® on Cloud製品 ~クラウド上で「つなぐ」~

DataSpider<sup>®</sup> on Cloud

クラウド上にDataSpider®を配置、
Webブラウザベースの新しい開発用クライアント
(DataSpider® Studio for Web)を提供

クラウド上にDataSpider®を配置:多くのクラウド(IaaS)上での動作に対応

DataSpider®はAmazon EC2、Microsoft Azure、IIJ GIOなど、多くのIaaS上※での動作に対応、クラウド上でのデータ連携も実現します。
企業内のシステムリソースの再配置やクラウド化実現のステップに合わせ、オンプレミスだけでなく、プライベートクラウドやパブリッククラウド上にもDataSpider®を配置できます。

  • VMware、Citrix XenServer、Hyper-Vを仮想化基盤とするIaaSでは基本的に動作します。個別のIaaSへの対応状況など、詳細につきましては、お問い合わせください。
クラウド上のDataSpider®を利用:Webブラウザベースの開発クライアントを提供

DataSpider®では、Webブラウザベースの開発クライアント(Studio for Web)を提供しています。クラウド上に配置したDataSpider®に、Webブラウザ経由でアクセス、クラウド上のデータ連携をWebブラウザから開発できます。

クラウド上のDataSpider<sup>®</sup>を利用:Webブラウザベースの開発クライアントを提供

ラインアップ

用途に合わせた選択が可能なパッケージラインアップ

「アドバンス」「ベーシック」システム規模や
ニーズに合わせたスタンダードパッケージ

システム規模や事業規模に合わせて、豊富なアダプタをパックした「アドバンス」と、汎用的なアダプタをパックした「ベーシック」の2種類のスタンダードパッケージがあります。

「Select」スモールスタートに最適!
必要な機能で自由にカスタマイズ可能

ベース(サーバ本体)モジュールに、必要な連携機能をカスタマイズできます。
企業内の部分最適化システムへの個別利用から着手できるため、スモールスタートが容易になり、上位パッケージへの移行も可能です。

製品構成比較表
  エンタープライズモデル セレクト ※
Advanced
Server Package
Basic Server
Package
データ連携に必要な機能が
そろったパッケージ
スモール
スタートに最適
サーバライセンス 1CPU 1CPU 1CPU
開発用クライアントライセンス 5 5 2
アダプタ
クラウド Amazon Web Services オプション オプション 豊富なアダプタから、必要なものを選択します
BIGLOBEクラウド
ホスティング
オプション オプション
Cloudn オプション オプション
Google Apps オプション オプション
Microsoft Azure オプション オプション
ニフティクラウド オプション オプション
kintone オプション オプション
GAEデータストア オプション オプション
Salesforce オプション オプション N/A
Log Manager for Salesforce オプション オプション N/A
データ
ベース
ODBC 標準 標準 N/A
JDBC 標準 標準 N/A
DB2 for i オプション オプション 豊富なアダプタから、必要なものを選択します
DB2 標準 いずれか1つを選択
2つ目以降はオプション
Oracle 標準
Microsoft SQL Server 標準
Microsoft Access 標準
PostgreSQL オプション
MySQL オプション
NeoCore XMS オプション
Shunsaku オプション オプション
ファイル
システム
CSV 標準 標準
Microsoft Excel 標準 標準
HTML 標準 標準
XML 標準 標準
固定長 標準 オプション
可変長 標準 オプション
ファイル操作
(zip圧縮、コピー、
削除など)
標準 標準 標準
ファイルシステム 標準 オプション 豊富なアダプタから、必要なものを選択します
ネット
ワーク
FTP 標準 オプション
JMS オプション オプション
Web オプション オプション
Webサービス 標準 オプション
メール 標準 標準
REST 標準 オプション
ActiveDirectory (LDAP) オプション オプション
アプリ
ケーション
DataSpider® BPM 標準 標準 標準
Thunderbus
コネクタ
標準 標準 標準
HULFT 標準 標準 標準
SAP オプション オプション 豊富なアダプタから、必要なものを選択します
SAP BC オプション オプション
SAP Table Query オプション オプション
Microsoft Dynamics AX オプション オプション
勘定奉行V ERP オプション オプション
商蔵奉行V ERP オプション オプション
Dr.Sum EA オプション オプション
SVF(Super Visual Formade) オプション オプション
Sedue オプション オプション
List Creator オプション オプション
Xuras inicio オプション オプション
メインフレーム オプション オプション
Oracle EBS オプション オプション N/A
StraForm-X
(コネクタ)
オプション オプション 豊富なアダプタから、必要なものを選択します
グループ
ウェア
IBM Domino オプション オプション
IBM Notes オプション オプション
ビッグ
データ
Apache™ Hadoop® オプション オプション
トリガー
トリガー ファイルトリガー 標準 標準 必要なトリガー機能を選択します
スケジュールトリガー 標準 標準
HTTPトリガー 標準 標準
DBトリガー 標準 標準
FTPトリガー 標準 標準
Webサービス
トリガー
標準 標準
アプリケーション
トリガー
標準 標準 標準
Software Development Kit (SDK)
Software Development Kit
(SDK)
標準 標準
  • 「セレクト」の対応OSはWindows、Linuxとなります

動作環境

DataSpider® Servista稼働OSおよびリポジトリDBの動作環境はメーカーサイトをご確認ください。

仕様

最新の対応状況や組み合わせパターンについては、メーカーサイトをご確認ください。

対応仮想化システム

DataSpider® Servista が対応している仮想化システムは
以下の通りです。

  • VMware
  • Citrix XenServer
  • Hyper-V

仮想化システムで稼働するゲストOS(※)のうち、前項の「対応OS」に含まれるOSがサポート対象となります。

  • ゲストOSは、仮想化システムがサポートしていることが前提となります。
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ