CTCエスピー株式会社

IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

i-FILTER ブラウザー&クラウド

スマートデバイス向けWebフィルタリング クラウド型サービス
(iOS・Android・Windows端末に対応)

logo

スマートフォンやタブレット、デスクトップ・ノートPCにおける
「私的利用の抑制」や「情報漏洩対策」「アクセス状況の可視化」を実現し、
企業のBYODへの対策に最適です。

概要

スマートフォンやタブレット端末の導入を考える企業が、頭を悩ませているのが、「従業員の私的利用」や「Web経由の情報漏洩」の問題です。
スマートデバイス向けWebフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら、AndroidやiOS(iPhone・iPadなど)を搭載したスマートデバイスから、ノートPCなどWindows端末まで、マルチOSを一元管理できます。
業界No.1のWebフィルタリング機能をはじめ、情報漏洩を抑制するセキュアブラウザー機能、Webアクセスを可視化できるログ・レポーティング機能などの多彩な機能で、「私的利用の抑制」「情報漏洩対策」を実現します。

サーバ不要で、スムーズスタート。
無駄なコストはかかりません。

導入に際して、新たにサーバ設置が必要ないクラウド型サービスです。デジタルアーツが管理するARSサーバがユーザ管理、フィルタリング設定の追加・変更からアクセスログまで、すべてを一元管理します。複数の事業所でも社外でも全てサーバレスで運用できます。

  • デジタルアーツが提供するクラウドサービスのサービスレベル目標(SLO)はこちらをご確認ください。

iOS/Android/Windows端末のすべてに対応。
スマートデバイスからPCまで、一画面内で端末を管理できます。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、iOS端末(iPhone、iPadなど)とAndroid端末、Windows端末(タブレット、ノートPC、デスクトップPC)でご利用いただけます。スマートデバイスからデスクトップPCまで、一画面内で端末管理を行うことができ、まとめてグループ管理することも可能です。

キャッシュや履歴を端末に残さないので、店員の目が届かない利用も、社員が端末を紛失した場合も安心

管理者があらかじめ端末内にWebアクセスデータを「常に残さない/定期的に初期化」と設定しておくことができます。例えば、店舗端末でご利用の場合は、お客様のWebの閲覧情報やアカウント情報が端末に残らないので、次に操作するお客様に情報が知られることがありません。また、社員が会社支給のタブレットを使用し社内システムにアクセス、その後紛失してしまったとしても、社内システムの情報は端末内に残っていないので、業務情報の流出を防げます。

ブラウザで、リモートから登録・設定を一元管理。
管理者の負担を軽減します。

ユーザ登録(CSVインポートも可)から各種設定の修正・変更、アクセスログ出力までをiOS/Android/Windowsのすべての端末で一元管理することができます。Webブラウザが利用できる端末さえあれば、場所を選ばず、いつでも、どこからでも管理可能です。

  • Internet Explorer 8以上を推奨

「i-FILTER Proxy Server」と併用することで、
ログやフィルタリング設定を一元化できます。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」と「i-FILTER Proxy Server」を併用することで、社外で利用するスマートデバイスのフィルタリング設定やログの保存を一元化し、管理者の負担軽減を実現します。

また、従来バージョンと同様に、社外で利用するスマートデバイスでは、端末にデータを残させないセキュアブラウザー機能も利用できるため、スマートデバイスからの業務情報の漏洩を防ぐことができます。

主な機能

Webフィルタリング機能

スマートデバイスの導入は「従業員の業務効率化」を促進する一方で、「盗難・紛失」や「私的利用」「Web経由の情報漏洩」のリスクが高まります。
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら、部署や役職ごとに柔軟なポリシーを設定することはもちろん、掲示版やSNSへの書き込みやアップロードをブロックするなど、柔軟なフィルタリング設定が可能です。
また、搭載しているWebフィルタリングデータベースの分類カテゴリは、日本のインターネット文化や最新のWeb脅威に最適化されており、標的型攻撃対策に有効です。

フィルタリングカテゴリはこちら

標的型攻撃対策に有効な出口対策機能

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」のWebフィルタリングデータベースは、情報窃取目的の通信を遮断する標的型サイバー攻撃の対策のため、マルウェアがシステムへの侵入・感染後に行う通信のアクセス先リストを、国内大手セキュリティベンダー2社(株式会社FFRIと株式会社ラック)から提供を受けて、出口対策専用のデータベースカテゴリとして提供しています。
これによって、例えば、組織内のPCがマルウェアに感染した場合、情報詐取目的などで実行しようとする悪性Webサイトへの通信を検知・遮断することができます。
実際のマルウェアの挙動にもとづいた情報と、各種セキュリティセンサーのログを元に相関分析された情報の両者を保有しているのは「i-FILTER」だけです。

  • 感染したマルウェア等が行う特徴的な通信における、通信先サイトを遮断対象とします。
  • 全てのマルウェア等の挙動及び悪意ある行為の検知・遮断を保証するものではありません。

柔軟なフィルタリング設定

部署や役職ごとに柔軟なポリシーを設定・適用することができます。社内のWebアクセスの運用ルールに即したフィルタリングが可能です。
また、各端末の情報、ポリシーグループの設定はCSVファイルなどで一括設定することができるため、管理者の負担も軽減します。

  • iOS端末はWebクリップ、Windows端末はActive Directoryのサイレントインストールを利用した方法もあります。
書き込み制限/購入操作制限

カテゴリ毎にPOST(書き込み)の禁止やPOSTサイズの上限を設定可能です。(※iOS・Windows端末のみ対象。)
また、ショッピングカテゴリ(ポイントサービス・クーポン総合サイトを除く)に属するサイトでの購入操作を制限もできます。

Web閲覧の利用時間帯も制御可能

曜日ごとにインターネットの利用時間帯を設定したり、1日に利用可能な時間を設定できます。

Gmailの個人アカウント利用をブロック

登録ドメインへのリクエストに対してヘッダーフィールドを編集することが可能になりました。業務利用のアカウントでクラウドサービスの利用を許可しながら、個人アカウントでの利用は制限するなど、シャドーIT対策にも有効です。

  • iOS端末、Windows端末での提供機能となります。

ブロック除外・対象サイト

カテゴリ設定と併用して、ブロック除外・対象サイトを登録することが可能。

  • URLの一致条件:部分一致
  • 登録上限値:2,000/グループ
  • 登録されたサイトのみアクセスを可能にするホワイトリスト機能も標準搭載。

通信環境による抜け道にも安心対応

Wi-Fi環境など、携帯端末特有の通信環境でもフィルタリングが可能!

従来の携帯電話で利用している通信網はもちろん、Wi-Fi技術を利用した無線LANによる通信でもフィルタリングが可能です。 接続環境によるフィルタリングサービスの提供可否の心配はありません。

時代のニーズに合わせたフィルタリングカテゴリ

カテゴリ数、登録件数そして精度ともに業界最高水準の「i-FILTER ブラウザー&クラウド」のWebフィルタリングデータベース。世界各国の言語に対応し、携帯やスマートフォン専用サイト、さらに出口対策用データベースも網羅され、時代に合った適切なカテゴリに分類し提供しています。

フィルタリングカテゴリの一覧はこちら

セキュアブラウザー機能

スマートデバイス導入は「従業員の業務効率化」などに大きな期待があります。しかし一方で、「盗難・紛失」や「マルウェアなどによる詐取」など情報漏洩リスクの高まります。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら、端末に重要な企業データを残さないため、端末紛失時やフィッシング詐欺サイトやマルウェアからの情報漏洩リスクを抑えます。

また、社内システムへのアクセスを「i-FILTER ブラウザー&クラウド」に限定するなど、普及するBYODにも適切に対処することができます。

端末へのWebアクセスデータの保存を管理者が制御できるため、
業務情報を漏洩のリスクから守ります。

社内システムにアクセスして企業の重要な情報が端末に残っているとフィッシング詐欺サイトやマルウェアから情報漏洩につながる危険性があるため、端末にデータを残さない運用が必要になります。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、管理者がグループ単位で設定できる機能として、端末に残すデータを許可・禁止できる「プライバシーモード」と、特定のタイミングでデータを自動削除設定できる機能を搭載しています。スマートデバイスを通じたデータ管理にかかせない、よりセキュアな環境を実現します。

クライアント証明書を格納できるため、
端末を指定したセキュアなシステムにもアクセスできます。

従来のID・パスワード認証では、漏洩した場合に誰でも成りすましが可能であり、端末にクライアント証明書が入っている端末のみからのアクセスを許可するシステムが増えてきています。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」ならクライアント証明書の格納が可能なため、これらのセキュアなシステムにもアクセスが可能です。(※クライアント証明書の配信機能は未対応です。)

  • クライアント証明書の読み込み機能は、「i-FILTERブラウザー」Ver.3.00以降のiOS/Android版の機能です。詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。

認証方式 端末へのデータ保存の制御 ID・パスワード漏洩時のリスク対策
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」
+クライアント証明書
管理者が一括設定 別の端末からのアクセスを制御
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 管理者が一括設定 別の端末からもアクセスできてしまう
標準ブラウザ
+クライアント証明書
ユーザが個別設定 別の端末からのアクセスを制御
標準ブラウザ ユーザが個別設定 別の端末からもアクセスできてしまう

業務で利用する社内システムをブックマークとして一括で配信できます。

管理者は、あらかじめユーザに配信したいブックマークを一括で各端末に配信することが可能です。また、ユーザがブックマークを編集できないように制御することも可能です。

ユーザに端末を提供した後に追加したブックマークの配信や、後から登録されたユーザの端末への配信も手間をかけずに設定できます。

  • ブックマーク配信・制御機能は、iOS・Android端末のみが対象の機能です。

ログ・レポーティング機能

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の豊富なレポーティング機能が、各ユーザのWebの利用状況を可視化します。

社内外で利用するスマートデバイスからデスクトップPCまで、全ての端末のWebの利用状況(アクセスログ)がクラウド上に蓄積/視覚化することで、社内に潜む情報漏洩リスクを把握できます。

日々変化するWebの利用状況を的確にとらえて、ポリシー更新や従業員研修などの対策立案をサポートします。

社内外の端末の、SSL通信の内容まですべて可視化

SSL通信をデコードしてログに残すことができるため、社内外の端末すべてのWebアクセスを可視化、レポートとして出力することができます。もちろん、デコードしたくないサイトを設定しておくことも可能です。

ユーザの利用状況や書き込み回数などを視覚化します。

アクセス数・ブロック数とそのカテゴリ内訳を日別・月別で直感的に表示でき、管理者の負担を軽減します。また、アクセスログはテキスト形式ファイルとして出力することができます。

  • 過去90日から前日までが出力対象です。
  • 当日のアクセスログ出力は不可です。
利用状況レポート

アクセス数・ブロック数とそのカテゴリ内訳を表示できます。

  • グループ毎・全端末合計のレポート可

ブロックログ

従業員がアクセスしてブロックされたURLやブロック理由の一覧を確認できます。

POSTログ

従業員の掲示版やSNSへの書き込みの内容や、オンラインストレージへアップロードしたファイル名を、SSLサイトでもデコードした状態でダウンロード可能です。デコード除外対象を設定することも可能です。

  • iOS、Windowsが対象。

ランキング

掲示板やブログなどのコミュニティサイトで良く書き込まれるサイトのランキング、検索に使用した単語のランキングを表示できます。

  • 書き込み回数ランキングはiOS・Windows端末のみ対象。

ログの出力

選択した日付のアクセスログをテキスト形式ファイルとして出力できます。

  • 過去90日から前日まで出力対象。
  • 当日のアクセスログ出力は不可。

動作環境

本サービスに対応するOSおよび機種はメーカーサイトをご確認ください。

http://www.daj.jp/bs/ifb/requirements/

  • Apple、iPhone、iPad、iPod touch、Safariの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • Androidの名称およびそのロゴはGoogle Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Microsoft、WindowsおよびMicrosoftのロゴは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporation またはその関連会社の登録商標または商標です。
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ