CTCエスピー株式会社

IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

ARGOS(アルゴス)

Webサイト性能モニタリングサービス

logo

ARGOSの「見える化」ツールは、Webアプリのモニタリング・データ収集を行い、オンラインサービスやモバイルアプリの品質管理やトラブルシューティング等、パフォーマンスの改善に役立ちます。

概要

事業収益に直結するWebサービスの性能や機能が芳しくない場合、多くのIT関係者は口を揃えて「サーバの増設」や「ネットワーク帯域の追加契約」や「新技術の導入」などを要求します。しかしながら、内外の調査では、実際のWebサービスの性能低下の原因がサーバ資源の不足やネットワーク帯域の不足だけであったケースはほとんどないことが知られています。情報量の最適化はもちろん、ページのデザイン技術やデリバリー技術、利用している外部プログラムの最適化等は、Webサービス性能を決定付ける要因です。複雑なアクセス解析のツールやマーケティング情報収集、ウェブ広告のための「タグ」が実際にはWebサービス性能の低下を引き起こしている「張本人」であることも珍しくはないのです。

ARGOSの多彩なグラフィックやチャートは、そのような「舞台裏」をすべて記録し、集計し、あくまでも中立的な客観数値として提供します。ARGOSのデータを解析することにより、現状のWebサービスを構成する要素それぞれのポジティブ要素とネガティブ要素を数値化して比較することが可能です。

概要図

主な機能

リアルタイム
ダッシュボード
測定URLの一覧のパフォーマンス状況、エラー状況を一目で俯瞰することが出来ます。このページをいつも表示しておくことにより状況の変化をすばやくキャッチすることが出来ます。またアラーム設定により異常を音で通知することも可能です。
ウォーターフォール
チャート
実測定結果をグラフィカルなウォーターフォールチャートで確認できます。それぞれのコンテンツで取得元のドメイン情報、取得を開始した時間、取得にかかった時間とその順番がチャートで確認できます。
レスポンス分析 応答時間、コンテンツの時間変化の分析が可能です。アクセス解析の結果と合わせて時間変化や曜日変化を見ることによりサーバのボトルネックを発見し、パフォーマンスの改善に役立てることが出来ます。
アクセス分析 平均値では異常値に影響されボヤけがちですが、応答時間を分散図としてプロット表示することで、点の密度から最も多いレスポンスや少ないレスポンス結果を把握できます。画面赤い横線「95パーセンタイル値ライン」は、大多数の方のレスポンスがわかります。
スクリーンショット 表示履歴をスクリーンショットデータとして取得でき、200ミリ秒ごとの”連続写真”として画面データを取得することもできます。
ドメイン分析 1つのサイト、アプリは様々なコンテンツから成り立っており、その中にはサードパーティツール、例えば広告用、アクセス解析用、SNSのコンテンツが含まれます。この分析を利用してボトルネックを発見し、パフォーマンスの改善に役立てることが出来ます。
プローブ別測定 プローブごとの測定結果を分析できます。特に特定のプローブでいろいろな場所、ネットワーク回線を利用して計測している場合や海外からのネットワークアクセスの場合に重宝します。
ボトルネック分析 遅いサーバ、遅いDNS、遅いドメイン、遅いコンテンツ、不明コンテンツのトップ10~30を取得できます。この分析を利用してボトルネックを発見し、パフォーマンスの改善に役立てることが出来ます。
アラーム機能 サイトパフォーマンスに閾値を設定することによりアラームを送ることが出来ます。アラームはメール送信、または音で知らせることが出来ます。アラーム設定をすることにより異常状態を迅速に把握することが出来ます。
レポート機能 各種分析はレポートとしてそのままPDFファイル、Excelファイルでグラフや表のままダウンロードできます。またCSVファイルでデータのみをダウンロードすることも可能です。
競合分析 どのような業種であっても競合他社分析は事業の成功には欠かせない要素です。Webサービス・アプリの運用や最適化においても競合他社の性能に関して正しい知識を得ることは最優先であるべきといえます。
コンサルティング パフォーマンス改善のためのコンサルティングを実施しています。データを読み解くための分析チームがパフォーマンス改善のお手伝いをいたします。
カスタマイズ 2台間の通信を測定したり、その他特殊な挙動を計測したい場合はカスタマイズすることも可能です。

提供形態

ARGOSには二つの提供形態があります。

オンプレミス提供

オンプレミス提供

ARGOSセンターサーバと測定環境がすべて顧客の管理化(ネットワーク上)に配備されます。利用頻度の高い企業や測定スキームや測定結果に秘匿性の高い企業にはお勧めです。

クラウド提供

クラウド提供

クラウド上に配備されたARGOSセンターサーバを多くの利用者が共有するモデルです。顧客は自身がもとめる測定環境を整備するだけですべてのARGOSのビッグデータ解析ツールが利用できます。導入費用や利用費用を抑えたい、または短期間のスポットで利用したいなどという企業にお勧めです。

測定環境(プローブ)の種類

  • ARGOSでは測定端末を「プローブ」と呼びます。「プローブ」には大きく分けて2種類あります。

PCプローブ

PCプローブ

パソコンに搭載して計測するPCプローブ

Mプローブ

Mプローブ

Mプローブ(スマートフォンやタブレットに搭載)

測定環境(プローブ)の提供形態

測定端末の提供形態は「レンタル提供」「売り切り・自社所有」どちらでも可能です。

プローブ 売り切り・自社所有

オンプレミス提供のみならず、クラウド提供の場合にも、自社のリソースを利用した測定が可能です。

  • Androidバージョン・機種、iOSのバージョンについては別途ご相談ください。

プローブ レンタル提供

ARGOSが提供する全国各地に設置したプローブを御利用いただけます。
PCプローブはWindows7、Mプローブについては、Android4.0、iOS6をご用意しております。

端末による測定スキーム

端末による測定スキーム

それぞれのプローブはスクリプトを与えられ、WEBブラウザやネイティブアプリを実際に操作します。
実端末ならではのアプリケーション性能測定を行い、ARGOSのCenterサーバに蓄積されます。

ARGOSプローブ対象OS、対象アプリ

PCプローブ Windows7以上(IE8以上)
Mプローブ Android4.x以上(Androidブラウザ+ネイティブアプリ)
iOS5.x以上(Safari+ネイティブアプリ)

導入の流れ

導入の流れ
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ