イベントレポート

CADなどの製造業向け
ITソリューション専門展に初出展!

機密情報の流出を防ぐ 安心・安全のCADデータ共有・活用ソリューション

機密情報の流出を防ぐ 安心・安全のCADデータ共有・活用ソリューション

CADファイルなど機密性の高いファイルをセキュアにかつ効率良く共有しエンジニアの生産性向上を実現するソリューション

賑わうCTCSPブースの様子

賑わうCTCSPブースの様子

去る2016年6月22日~24日、東京ビッグサイトにて「第28回設計・製造ソリューション展」が開催され、盛況のうちに閉幕。CTCSPは今回初めての出展となり、CADファイルに代表される設計・製造部門が取扱う機密性の高いファイルを、情報漏えい・流出を確実に防ぎながら、かつ効率の良い共有を実現することによって、製品の開発および製造の生産性向上を実現する様々なソリューションを展示。『機密情報の流出を防ぐ 安心・安全のCADデータ共有・活用ソリューション』というキャッチコピーが目を引き、多くの製造業関係者が立ち寄り、高い関心を集めていました。

設計・製造ソリューション展とは

日本最大の製造業向けITソリューション展であり、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展です。毎年、製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザーが多数来場し、出展企業と活発な商談を行っています。本展示会は製品カテゴリーごとに以下の9の専門ゾーンを特設しています。

  • CAD & PLM / PDM
  • CAM
  • CAE
  • 3Dプリンタ / RP
  • 3次元測定
  • SCM・ERP・生産管理システム
  • 図面管理・文書管理
  • 技術伝承・技術者教育
  • 設計・製造アウトソーシング

CTCSPでは、昨今非常に注目度の高い情報セキュリティ関連ソリューションの充実を図っており、情報セキュリティEXPOを一例とした関連する展示会にも積極的に出展を行っていますが、情報セキュリティとは一見相反する情報共有の効率化を図るソリューションを併せて展示することにより、エンドユーザー目線でのソリューションの遡及を図るべく、「設計・製造ソリューション展」の図面管理・文書管理ゾーンへの初出展を決めました。

CTCSPが提案する効率の良い情報共有による生産性向上と情報セキュリティの確保の両立

設計・製造ソリューション展パネル案

CTCSPブースでは、一見相反する「効率の良い情報共有」と「セキュリティ確保」というテーマの両立を判り易く遡及するために、四つの切り口からソリューションを紹介しました。

  • 迅速に情報を共有して開発効率を高めたい
    クラウド型ファイル共有サービス「Box(※1)」を紹介。
    • クラウドサービスでファイルを共有し、意思疎通のスピードが加速。
  • 情報の漏えいは確実に防ぎたい
    Boxとの連携が可能なファイル暗号化ソリューション「FinalCode(※2)」を紹介。
    • ユーザー属性に応じてファイルを自動的に暗号化し、共有期間を設けたり、リモートでファイル削除も可能。
  • 海外への情報流出を防ぎたい
    あらゆる角度からログを収集・管理するソリューション「LanScope(※3)」を紹介。
    • PCやファイルへのアクセスの証跡を記録、機密の漏えいを抑制。
  • 海外拠点と大容量ファイルを送受信したい
    距離の影響を全く受けないファイル転送ソリューション「Aspera(※4)」を紹介。
    • 海外との高速データ送受信で、製造工程の迅速な変更へ対応。

この他、機密レベルの高い場所でもスマートデバイス(タブレット/スマホ)のカメラによる撮影を行える「KAITO セキュアカメラ(※5)」を参考出展しました。

従来、CTCSPはSIer向けのビジネスが主体であったため、エンドユーザーからの認知度は低いのですが、昨今、CTCSPが持つユニークなソリューションをエンドユーザーへ直接訴求することに注力しています。今回初めて「設計・製造ソリューション展」に出展したのも、そのチャレンジの一環であり手応えを感じています。

参考
  • (※1)「Box」
    業務用ストレージシステムと管理機能を備えたセキュアなクラウドストレージサービスです。
  • (※2)「FinalCode
    FinalCodeは、お客様の利用ニーズに合わせて、SaaS(クラウド版)とVA(Virtual Appliance オンプレミス版)を選択でき、クラウド版をご利用の際は、「FinalCode Client(ファイル暗号化ソフト)」をインストールするだけで環境が構築できます。さらに、暗号化したままファイルを社外の取引先に渡すことができ、渡す相手の取引先に費用は掛からずに情報漏えい対策を実現できます。
  • (※3)「LanScope
    「人」と「PC」を管理! IT資産からPC操作ログ管理・ファイル転送・各種レポートとネットワークマネジメントに必要な機能をワンパッケージで実装します。
  • (※4)「Aspera
    Asperaは、特許技術faspテクノロジーを採用し、FTP、HTTPなどTCPベースのレガシーな通信プロトコルに代わる次世代の高速ファイル転送ソフトウェアです。従来はネットワークでは送れなかった大容量ファイルの受け渡しを可能にします。
  • (※5)「KAITO セキュアカメラ」(参考出展)
    「端末にデータを残さない」「高速かつ確実なサーバ転送」により、工場内など機密レベルの高い場所でもスマートデバイスによる撮影を可能にします。

ページトップへ