CTCCTCエスピー株式会社

NEWS

チーム全体のタスクや進捗を管理するAsanaを提供開始

ToDoリストや進捗管理表の自動作成、スケジュール調整や会議設定を一元的に実現

 CTCエスピー株式会社(代表取締役社長:玉野井 明良、本社:東京都港区、略称:CTCSP)は、米Asana, Inc.(CEO:Dustin Moskovitz,本社:米国カリフォルニア州)のチーム全体のタスクや進捗を効率的に管理し、チームメンバーの個々の状況をリアルタイムに可視化するワークマネジメントソリューション「Asana(アサナ)※1」の提供を本日から開始します。価格は10万円(税抜き)からで、テレワークを活用している情報通信及び情報サービス、金融・保険などの分野の企業を中心に展開し、3年間で2億円の売上を目指します。



 在宅勤務やリモートワークが拡がる中で、企業はビジネスチャットやテレビ会議など非接触型のコミュニケーションツールを導入して従業員同士の意思疎通を図っています。しかし、対面でのやり取りを伴わないことで、スケジュールの調整や報告など、以前より手間のかかる作業も発生しています。

 今回提供するAsanaは、チーム全体のタスク整理やプロジェクトの進行状況について、ToDoリスト、予定表、進捗管理表などを自動で作成し、リアルタイムに可視化するクラウドサービスです。Webメール、ビデオ通話、チャット、グループウェア、営業支援ツールなどの良く利用されるアプリケーションと連携ができ、チーム内で利用しているコミュニケーションツール、スケジュール表や共有ファイルなどから関連する業務や情報を抽出して自動的にリストや管理表を作成します。また、Asanaのプラットフォームから関係者とのスケジュール調整や会議の設定なども可能です。チームメンバーは、情報の整理や連携にかかる作業を軽減することができ、チーム全体の業務の効率化や生産性の向上につながります。

セールス、マーケティング、人事、エンジニアリングなど、各業務に応じたテンプレートもあらかじめ用意されているため、大幅な設定作業を行わずに早期の利用開始が可能です。

 今回CTCSPは、Asanaの販売に加えてトライアル版も提供し、テンプレートの作成や操作・不具合に関するヘルプデスク、運用のハンズオン・トレーニングなど、お客様をトータルに支援していきます。

 今後も、テレワーク環境での業務の可視化や自動化につながるクライアント・ソリューションを拡充し、お客様企業の生産性の向上や円滑なコミュニケーションの推進に貢献していきます。



Asanaイメージ図
※Asanaイメージ図

今回のプレスリリースにあたり、製造元であるAsana Japan株式会社より以下のコメントをいただいております。



Asanaは、CTCエスピーが新たな販売パートナーとなられることを心より歓迎いたします。CTCエスピーは、リモートワーク環境が広がる中で、これまでにも業務効率化や生産性向上につながるソリューションに取り組まれており、経験と専門性を活かしたトータルなサービス提供を期待しております。今後も、Asanaは CTCエスピーとの協力を深めつつ、日本のお客様がより良く働けるワークマネジメントの実現を支援してまいります。

Asana Japan株式会社

代表取締役社長 田村 元

※記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。