CTCCTCエスピー株式会社

NEWS

フォーティネット社のWebプロキシ製品を取り扱い開始

企業のSD-WAN導入におけるパフォーマンス向上とセキュリティ対策を強化

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、IT関連機器やソフトウェアの販売を行うCTCエスピー株式会社(代表取締役社長:玉野井 明良、本社:東京都世田谷区、略称:CTCSP)は、企業のSD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)導入におけるパフォーマンス向上とセキュリティ対策を強化するため、米国フォーティネット社のWebプロキシ製品「FortiProxy Secure Web Gateway※1」の取り扱いを本日から開始します。ハードウェア一体型のアプライアンス製品および仮想アプライアンス形式のソフトウェアライセンスとして提供し、価格は3.6百万円(税抜き)から3年間で2.5億円の売上を目指します。

 企業におけるデジタルシフトの加速に伴い、仮想化技術を活用してネットワークのパフォーマンスやセキュリティの課題を解決するSD-WANの導入が進んでいます。

 今回取り扱いを開始するFortiProxy Secure Web Gatewayは、Webフィルタリングやアプリケーションコントロール、アンチウイルス、データ漏えい防止、不正侵入検知・防御、アンチスパムなどのあらゆるWebプロキシ機能をパッケージ化したアプライアンス製品です。セキュリティ処理専用のASIC(特定用途向け集積回路)搭載による高速処理が本製品の特長です。複数のセキュリティ機能を集約した米国フォーティネット社の統合脅威管理(UTM)製品「FortiGate」で実行していたプロキシ機能を、本製品に切り出して処理を分散することができ、オンプレミス環境におけるネットワーク全体のパフォーマンス向上とセキュリティ強化を両立させることが可能になります。 また、FortiProxy Secure Web Gatewayには、FortiGateには搭載されていない2つの新しいプロキシ機能も追加されています。一つは、AIによる画像のコンテンツ分析で、ニューラルネットワークに基づく画像認識技術を使用して、違法なもしくは不適切なコンテンツを瞬時に判別して検出・分析します。もう一つは、インターネット上のコンテンツで主流となりつつある動画のキャッシュ機能を拡充したアドバンスキャッシングです。動画コンテンツへのアクセスで帯域を浪費することなく、コンテンツをいったん記憶して処理を行うため、ネットワークの性能が最適化されます。

 本製品は、対象となるユーザー数や利用環境によって、3種類のハードウェアアプライアンスもしくは6種類の仮想アプライアンスから選択・拡張できるので、初期投資を抑制しながらトラフィックの増減に合わせて柔軟に運用することができます。また、Webフィルタリング、アンチウイルス、不正侵入検知・防御、アンチスパムの4つの機能については、フォーティネット社が持つ最新の脅威インテリジェンスを活用してより高度で詳細なセキュリティ機能を提供する「FortiGuardサブスクリプションサービス」も合わせて利用することが可能です。

 CTCSPは、次世代ファイアウォールのFortiGateおよびWebプロキシのFortiProxy Secure Web Gateway、その他のネットワークセキュリティ製品・サービスを組み合わせたソリューションで、企業のSD-WAN導入に対する総合的な提案を行っていきます。10年以上の間、FortiGateを中核にネットワークセキュリティ対策の支援を行ってきており、特に優先度の高いWebトラフィックのセキュリティ処理に特化した専用製品をラインアップに追加することで、今後も企業のSD-WAN導入を更にサポートしていきます。

FortiProxy 資料請求キャンペーン中

fortiproxybannar.PNG

FortiProxyならびにFortinetセキュアSD-WANに関する資料請求をされた方、全員にFortinetロゴ入りモバイルチャージャーをプレゼンするキャンペーンを実施しています。

※ノベルティが無くなり次第、本キャンペーンは終了します。

※記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

今回のプレスリリースにあたり、以下のコメントをいただいております。

 フォーティネットジャパン株式会社は、 CTCエスピー株式会社によるFortiProxy の提供開始を歓迎いたします。

 デジタルトランスフォーメーションの推進、そしてCOVID-19による在宅勤務の増加など、クラウドアプリケーションの利用拡大とともに、セキュアSD-WANが実現する快適なネットワークの構築が急務となっています。ハイパフォーマンスな WebプロキシFortiProxyは、テレワーカーのユーザーエクスペリエンスを向上させるだけでなく、ネットワーク最適化とセキュリティを実現し、集中管理とゼロタッチプロビジョニングで運用管理者の負担も軽減します。このソリューションと、CTCSPの豊富な実績と経験に基づく技術力の組み合わせにより、多くのお客様の働き方改革推進に貢献できるものと確信しています。今後も、弊社ディストリビュータであるCTCSPと連携し、お客様のネットワークセキュリティを支援してまいります。

フォーティネットジャパン株式会社
社長執行役員 久保田 則夫